Rustic journal

蒲郡で今、旬なものは、
地のモノ、旬のモノ。やっぱり原点はその土地にある旬なモノです。ここ三河湾の最奥部蒲郡で今もっとも旬で美味しいものは、なんと言っても「渡り蟹」。飲食店で食べるのにもかなり高価なこの蟹は、他の蟹に比べて身が少ないため、いわゆる「チュー、チュー」しながら食べる蟹で食卓も手もすごく汚くなります。。。が、とても美味しい!甘みや味がとても濃いのです。この「渡り蟹」が、この時期西風が吹くと海中が貧酸素状態となって水面に浮いてくるのです。日が沈むと、堤防などに懐中電灯と網持っていって、「渡り蟹」をすくいます。後は好みのお酒があれば、最強です。個人的にはやっぱり冷酒。甲羅に冷酒とミソを入れて飲むのもまた。。。
| お酒と肴 | 19:05 | - | - |
泡盛とゴーヤチャンプル
泡盛とゴーヤチャンプル

昨日、西尾市の唯法寺さんからゴーヤを頂いた。無農薬で育てられているものでした。最近たまたま沖縄のお土産で泡盛も頂いていたので早速ゴーヤチャンプルにして泡盛と共においしく頂きました。その土地の料理とお酒はやはり相性もよく、これこそ食の原点だと思いました。
| お酒と肴 | 15:50 | - | - |
[料理]山廃仕込「ROKU」と鯵の刺身
関谷酒造

お酒が好きになった最初のきっかけは、和食がすごく美味しいと感じた20代の後半から。その頃とりわけ大好きだったのは、日本酒。とにかく純米酒の酒臭い味が大好きだった。この辺りの地酒として有名なのは、蓬?泉の「空」というお酒。味は、北陸の有名酒「かちこま」にほどなく近い少しこってりとした甘い匂いのするお酒で、ファンも多い。
しかし自分的には、あまり好みではなく飲んでいないのです。その蓬?泉から「ROKU」という名前の「山廃純米酒」があるらしく、こちらはあまりメジャーではありません。山廃仕込のお酒の特徴は、一言でいうとその特有のコクにあり好き嫌いがはっきり分かれるのですが僕の場合はこのクセがとても好きで、結構色々な山廃仕込のお酒を飲んでいます。
最近ムシムシした夜が続きます。冷たく冷やした日本酒と鯵の刺身なんて最高ですよ。
| お酒と肴 | 10:41 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE